JFB+Hかむろ真鶴

  • お知らせ
  • スタジオの感染症対策まとめ(2022年4月23日更新)



NEWS

お知らせ

202204.23

スタジオの感染症対策まとめ(2022年4月23日更新)

 

刻々とコロナウイルス感染症についての状況が変化しますが、その都度、現時点におけるスタジオでの感染症対策をこちらにまとめます。

目に見えない敵と戦う今、わたしたちに出来ることは「相互信頼」であると考えます。

「あなたは健康であり、わたしも健康である。」

お互いが健康に留意し、少しでも調子が悪い時はゆっくり静養して様子をみましょう。

そして、自分が健康である、という確信をもって、スタジオに集まり、何もかもが制限され、自由を奪われてしまう状況の中で、ダンスに没頭できるひと時を大切にして困難な時代を一緒に乗り切っていきましょう。

スタジオはそんなひと時を共有できる、憩いの場でありたいと考えています。

下記にスタジオにおける感染症対策をまとめました。

生徒さんの置かれている状況も様々ですので、色々なパターンを想定しました。結果、一見、煩雑に見えてしまうかもしれません。

不明な点はなんでも担当の先生に聞いてください!!

まずはぜひ、ご一読くださいませ。

 

その他、スタジオの対応として、講師のマスクの着用(※フェイスシールドは科学的分析により、コロナウィルス拡散の可能性が否定できない為、不採用となりました。)、ドアノブや取っ手、自動販売機等のレッスン前のアルコール消毒、レッスン毎のレッスンバーの消毒、事前の教室の換気、生徒さん同士の非接触の工夫など、運用面での可能な対策を徹底致します。

 

 

【こ ん な と き 、 ど う す る ! ?】

 

体調が悪くなった・・・、ちょっと熱があるみたい・・・、そんな時、どの様に対応すればよいでしょうか。

下記にそれぞれのシチュエーションでの対応をまとめました。

そして、なによりまず、担当の先生へご相談ください。

 

【 体 調 不 良 に つ い て 】

 

〇生徒さんに体調不良が見られた場合:

 

生徒さんに下記の①~⑥の症状のいずれかがある場合は、スタジオでのレッスンを自粛し、オンラインでの受講、もしくは安静・療養をお願いします。またスタジオへのご連絡も宜しくお願い致します。

 

①発熱(平熱以上の熱。37.5℃以上に限定しない。)

②咳等の呼吸器症状

③だるさ等の倦怠感

④のどの痛み

⑤頭痛

⑥鼻水

 

体調不良が確認された日を含め5日間、健康観察をお願いします。この期間はスタジオレッスンを自粛して頂き、オンラインでレッスンを受講して頂きます。(※ご家族にご兄弟姉妹等の生徒さんがいらっしゃる場合、その方も自粛対象となります。)

 

まずはかかりつけの病院までご相談ください。

 

ただし、5日間以内でも症状の全快が見られ、医師の診断により問題なし、と判断された場合は、5日間を短縮してスタジオレッスンの受講を可能とします。※①医師の判断、または②抗原検査またはPCR検査を受け陰性であること、を5日間の短縮の判断基準とさせていただきます。

 

まずは体調不良から2-3日様子をみてみましょう。状況把握及び情報共有に努めさせて頂きますので、担当の先生へご連絡ください。

 

上記の5日間の健康観察期間に症状の改善が見られない場合は、ご自身の判断でレッスンへ復帰せず、必ずかかりつけの病院の診断を受けるようにお願いいたします。

 

 

〇同居のご家族の方に体調不良が見られた場合:

 

同居のご家族に下記の①~⑥の症状のいずれかがある場合、体調不良が確認された日を含め5日間、健康観察をお願いします。

 

①発熱(平熱以上の熱。37.5℃以上に限定しない。)

②咳等の呼吸器症状

③だるさ等の倦怠感

④のどの痛み

⑤頭痛

⑥鼻水

 

この期間は生徒さんご本人もスタジオレッスンを自粛して頂き、オンラインレッスンを受講して頂きます。

 

ただし、5日間以内でも症状の全快が見られ、医師の診断により問題なし、と判断された場合は、5日間を短縮してスタジオレッスンの受講を可能とします。※①医師の判断、または②抗原検査またはPCR検査を受け陰性であること、を5日間の短縮の判断基準とさせていただきます

 

 

〇講師に体調不良が見られた場合:

 

講師に体調不良が現れた場合、生徒さんの場合と同様、5日間の健康観察を実施します。その間、該当講師は自宅療養、レッスンは他の講師が代講します。

 

 

【 県 外 へ の 移 動 & 帰 省 に つ い て 】

 

〇生徒さんご本人もしくは同居のご家族が県外へ移動&帰省した場合:

 

生徒さんご本人、または同居のご家族が「直近1週間の100万人当たり累積新規感染者の報告数が5人以上」の都道府県(感染が拡大していると判断される都道府県)へ移動、または帰省した場合、帰省日を含め5日間、検温等、健康に留意すると共に、オンラインによるレッスンの受講をお願い致します。(※お仕事の都合などで定期的に移動が発生する場合は個別にご相談ください。対応を検討させて頂きます。)

 

ただし、帰省後、PCR検査や抗原検査を実施し陰性だった場合、上記の5日間を短縮してレッスンの受講が可能となります。※ただし抗原検査については、移動直後のコロナウィルスの潜伏期間中はウイルスの検知が難しいことから、帰省日を含め3日経過ののち、抗原検査の実施をお願い致します。

 

 

〇同居でないご家族が県外から帰省した場合:

 

「直近1週間の100万人当たり累積新規感染者の報告数が5人以上」の都道府県(感染が拡大していると判断される都道府県)在住のご家族(同居でないご家族)の帰省がある場合も、帰省日を含め5日間、検温等、健康に留意すると共に、オンラインによるレッスンの受講をお願い致します。

 

こちらについても、帰省後、PCR検査や抗原検査を実施し陰性だった場合、上記の5日間を短縮してレッスンの受講が可能となります。※ただし抗原検査については、移動直後のコロナウィルスの潜伏期間中はウイルスの検知が難しいことから、帰省日を含め3日経過ののち、抗原検査の実施をお願い致します。

 

※現在の「直近1週間の100万人当たり累積新規感染者の報告数が5人以上」に該当する都道府県(感染が拡大していると判断される都道府県)は、以下のリンクからご確認ください。

 

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/japan.html?y=0&s=y#date

 

↑移動日すべての日、帰省日の数字を根拠と致します。各自、ご確認ください。グラフの上にあるスライダーを左へ移動させることで、過去の日付に遡って数値も確認することが可能です。

 

 

【 周 囲 で 感 染 が 起 っ た 場 合 に つ い て 】

 

〇生徒さん、または生徒さんの同居のご家族の方の在籍する職場、学校、当スタジオ以外の習い事の教室でコロナウィルス感染者が出た場合:

 

【ケース❶】

陽性者が出たことにより、職場が休業、学校が休校、習い事などの教室がお休みになった場合:

 

→お休み期間中はご本人、ご家族の方、共にオンラインレッスンの受講をお願いします。(※感染確認後、お休みについてすぐに連絡が無いケースもありますが、その際は指針が出るまでの期間オンラインレッスンでお願いします。)濃厚接触者の判定やPCR検査を受ける様、指示がない場合は、お休みの期間が解除され次第、レッスンにご参加ください。※ただし、お休みの期間中であっても職場、学校、習い事の関係者から直接許可が降りた場合はレッスンへの参加は可能です。

 

 

【ケース❷】

陽性者が出たことにより、職場が休業、学校が休校、習い事などの教室がお休みになり、濃厚接触者ではないが念の為PCR検査を受けることになった場合:

 

陰性判定後お休み期間が解除されたらレッスンへの復帰は可能です。

 

【ケース❸】

生徒さんご本人または同居のご家族が濃厚接触者と判定された場合:

 

→生徒さんご本人または同居のご家族が濃厚接触者と判定された場合は、保健所または該当施設の指示に従い、指定された期間中はオンラインレッスンの受講をお願いします。また、ご家族の生徒さんもオンラインレッスンでお願いします。

 

【ケース❹】

生徒さんご本人または同居のご家族が陽性と判定された場合:

 

保健所の指示に従い対応を宜しくお願いします。スタジオへも速やかにご一報ください。陽性判定から遡り、濃厚接触者がいるかどうか、検証いたします。その後、保健所からの指示により外出制限が解除となった日からレッスンへの復帰が可能となります。※スタジオ内での感染拡大を防ぐ為、匿名にてレッスンにおける感染者の発生を周知することがあります。予めご了承ください。

 

スタジオのコロナウイルス感染症対策は以上となります。

 

正しく恐れ、一刻も早く日常に戻れることを願いながら、スタジオでダンスライフをエンジョイしましょう!!

 

JFB+Hかむろ真鶴 

ページの先頭へ移動